「 金 の 卵 」~つくもの山のお話し~

むかし、むかしのお話しです。

今の合橋小学校(豊岡市但東町)の場所には

小高い岩山がありました。

 

 

山の周りは広い田んぼや畑で、

秋になると梳いた籾殻でいっぱいになりました。

 

その山を地元の人は

《梳く籾→すくも→つくも》『つくもの山』と呼んで親しみ、

お正月、つくもの山にニワトリがとまると金の卵を産む

山には金の卵が埋まっている

というお話しを、子どもたちに語り継ぎながら暮らしていました。

 

ある日、『つくもの山』を削って学校をつくる事になりました。

「山を削ったら、埋まっとる、金の卵は出てくるんかな。」

 

子どもも大人もワクワクしました。ドキドキしました。


みんなの見守る中、町の土建屋さんは山を砕きました。

大きなドリルも使いました。 けれども山はビクともしません。

 

そこで、町のえらい人が福知山から保安隊を連れてきました。

ビクともしなかった山は保安隊のダイナマイトで爆破されました。

 

 

 

―その日から山はなくなりました。大きな音をたてて消えました。―

 

 

金の卵はどうしたのでしょう。

 

山の跡からは何も出てきませんでした。

 

 

 

山はなくなったけれど

 

そこにできた学校を《つくもの学校》と今でも呼んでいます。

学校の周りの川を《つくもの川》と呼んで皆が楽しく川遊びをしています。

 

 

 

山はなくなってしまったけれど、

 

《つくも》の名前は今も残っています。

いろんなところに残っています。

 

探してみるのも面白いかもしれません。

 

昔、子どもだったお父さんやお母さんの心の中にも残っています。

 

 

金の卵はありました。

今、《つくもの学校》の教室で、一生懸命勉強をしている子どもたち。

今、《つくもの学校》の校庭で、元気に走り回っている子どもたち。

 

すくすく育て《合橋の金の卵》つくもが見守るこの場所で―


 

(※つくも=“すくも”は1つの説にすぎません、本来の語源は…依然謎のままです。)

 

《すくも》

米の籾がらを 昔より“すくも”と呼んでいました。

現在はこの呼び名を知る人は少なくなっています。

 

《伝説》

別説で

“つくもの山にはお正月に一度だけ鳴く金のニワトリがおり

その鳴き声を聞いた者は大金持ちになる。”

という話もあります。

しかしながら、金の卵同様、金のニワトリも、

その声も未だかつて聞いた者は誰もいないそうです。


 

≪経塚のお地蔵様≫

つくもの山の周辺には多くのお地蔵様がありました。

但馬地方では地鎮、地固めの為にお地蔵様が創られたそうです。

現在は経塚登り口に集められ、

但東町出合市場地区の方々により大切に奉られています。

つくもの山の伝説を知るのは…

今ではこのお地蔵様たちだけなのかもしれません…。

 

 

《保安隊》

自衛隊が昭和29年7月に創設されるまで、

昭和27年10月に警察予備隊より改編されたわずか、

2年9ヶ月の部隊の総称。

昭和28年春に校舎が落成されている事から

“つくもの山”が爆破されたのは

昭和27年秋ごろの事と考えられます。