なんじゃもんじゃの木と佐々伎神社

但東町佐々木区にあります佐々伎神社は

「なんじゃもんじゃの木」という異名も持つ

鹿の子木(かごのき)をご神木としています。

 

その木を撫でると愛が芽生える 幸運が舞い込むと言われているそうです。

 

世間で話題となっている真っ白な花を満開に咲かせる木は

モクセイ科の「ヒトツバタコ」ですが

佐々伎神社の木は楠科、ハマビワ属、鹿の子木、カゴノキ で、

2~3年に1度、春にちいさな白い花が咲きます

しかし、 木が大きく頂上付近に咲く為、なかなか確認ができません。

佐々伎神社にはなんじゃもんじゃの大木が14本あります。

 

 

 

むかしむかしのお話「心谷(こいごごろのたに)悲恋物語」があります。

都の勅使がなんじゃもんじゃの木を触れ、佐々伎神社の巫女と 恋に落ちました…。


その勅使に思いを寄せる京の娘は

彼を追って但東町佐田まで来ました…。

「あの峠を越えれば…、彼に逢えるのに…」

 



あなたの恋が成就しますように☆

参道は明るいので 一度参られてはどうですか

 

芝生のような佐々木地区の棚田も一見の価値が有ります♪