夏つばき(但馬安国寺公園)

但東町相田「安国寺公園」には
夏つばきの木が幼木も含めると約千本も自生しています。

6月上旬~7月中旬ごろまで楽しめます。



↑ポツポツと見える白い点が蕾です!!

 





朝咲いて、その日のうちに散る花…
別名「沙羅樹~お釈迦様の花~」
儚い命の象徴としてあがめられています。


相田神社前の立て看板より
およそ100メートル、車が通れそうな道を上がって行きます。



すると、「順路」と書かれた看板の先へ進み…
靴でもなんとか渡れる“さわ”を渡り(*^▽^;)
(雨の翌日は長靴の方が良いかも)



夏つばきが群生する山の中に入ります♪

都会のように道は整備されておりません。
“自然”を楽しめる夏つばき散策道が500メートルほど続きます。
(順路看板は6つほど有ります。)



但東の先人たちが、どのような思いで夏つばきを植え
この群生林となる場所を歩いていたのかを想像すると
とても感慨深いものがあります。。。

住 所 兵庫県豊岡市但東町相田「安国寺公園」