5 ページを表示中« 最初...«23456»

但東町の中心に位置し、頂上では天気が良い日は天橋立が見えます。 登山口は東里地区、正法寺地区が有り、 麓の村には魅力的な昔話も言い伝えられています。→伝説の詳細はこちら 東里ヶ岳登山ルート【イメージ】図

松禅寺の薬師如来は平安時代の作とされ、古くから「やくっさん」と呼ばれ、村人の信仰を集め、親しまれています。昭和46年に兵庫県指定重要文化財に指定されました。人々の安寧を願って、毎年7月に祭りが開かれ、法要、つきたて餅の振  続きを読む…

但東育ちの梅を自然塩(減塩)と紫蘇で漬け、土用にはいると梅をいったん干してからまた漬け直す、土用干しの梅干しです。1年寝かし、2年もの、3年ものとして出荷します。お茶受けに、おにぎりに、 お茶漬けにと好評です。

但馬七福神(恵比須、大黒天、福禄寿、毘沙門天、寿老人、弁財天、布袋)の内、寿老人(長寿、子孫繁栄の神)を祭る楽音寺で、毎年9月下旬に「宝の道七福神大祭」を開催。当日は塔婆祈祷・演芸大会・福餅まき・各種バザーが行われます。

日本一の生協、コープこうべとの契約で有機米栽培に取り組んでいます。安心、安全、美味をモットーに地道に土づくりを行っています。きれいな水、澄んだ空気、肥えた土が生み出す大地の恵み、但東のすばらしい自然をフルに活用したお米で  続きを読む…

但東の恵まれた環境の中で生産された特産野菜…うど、ピーマン、実えんどう、さといも、チンゲンサイ、きゅうりなどは、鮮度が良く、市場評価も好評。ふるさとの香りとして人気が高い野菜です。

兵庫県神戸市「生田神社」のしめ縄を但東町薬王寺(やくおうじ:発音「ヤコージ♪」)地区の住民グループが作成しているのをご存じですか?年末に生田神社へ奉納すべく“しめ縄”を薬王寺地区の元、蚕飼育場「掃き立て」小屋にて作成して  続きを読む…

但東町には古代米を使った田んぼアートが4ヶ所有ります(⌒▽⌒)田んぼアートといえば、見頃は“秋”なのですが珍しい“白い稲”は6月下旬に見頃をむかえます。◎大河内田んぼアート古代稲でアートを描いています。2009年初めての  続きを読む…

但東町には古代米を使った田んぼアートが4ヶ所有ります(⌒▽⌒) ◎奥藤田んぼアート古代稲でアートを描いています。古代稲5種類(赤・白・黒・紫・黄)を使い、絵を浮き上がらせています。     ■見頃:9  続きを読む…

5 ページを表示中« 最初...«23456»