1 ページを表示中12»

但馬に春を告げるイベント 但馬の春の風物詩となった「たんとうチューリップまつり」(4月中旬から下旬に開催)。1992年から毎年、豊岡市但東町畑山のチューリップ畑で開催されているチューリップまつりでは、色とりどりのチューリ  続きを読む…

「たんとう花公園」に約50万本のひまわりが絨毯の様に咲き誇ります。 たんとうチューリップまつりに引き続き、休耕田を利用し「夏の花も見てみたい」との思いから2001年より畑一面にひまわりを咲かせています。チューリップまつり  続きを読む…

≪ゆり園中止のお知らせ≫ 「たんとう花公園」で平成23年より取り組んでおりますユリの企画ですが生育が思わしくなく平成28年、29年のユリまつりは中止といたします。ご期待にそえず申し訳ありません。チューリップに加え、他の季  続きを読む…

但東町佐々木区にあります佐々伎神社は 「なんじゃもんじゃの木」という異名も持つ 鹿の子木(かごのき)をご神木としています。   その木を撫でると愛が芽生える 幸運が舞い込むと言われているそうです。    続きを読む…

豊岡市但東町相田の安国寺(但馬安國禅寺)は、裏庭の「ドウダンツツジ」が色鮮やかに紅葉することで有名です。本堂越しに、座敷の向こうに見えるドウダンツツジがまるで額縁に入った絵画の様に見えます。安國寺の歴史は、1345年まで  続きを読む…

但東町相田「安国寺公園」には夏つばきの木が幼木も含めると約千本も自生しています。6月上旬~7月中旬ごろまで楽しめます。 ↑ポツポツと見える白い点が蕾です!!   朝咲いて、その日のうちに散る花…別名「沙羅樹~お  続きを読む…

ミツバツツジの群生と巨岩群で知られる豊岡市但東町赤花の大師山は、弘法大師がまつられており、新四国24番・69番の札所になっています。十数個の巨岩 が並び、大きなものでは高さ20mに及ぶものも。巨岩は6,000~7,000  続きを読む…

静かな山里に約1,000本のあじさいが咲き揃います。但東町奧赤の「奧赤愛宕会」が中心となって「自分たちの村を花いっぱいにしよう」を合言葉に花づくりに励んだものです。◎開催日: 6月中旬頃

東経135度線が通る但東町。東経135度とは日本標準時子午線です。国道426号線との交点(豊岡市但東町栗尾)に毎年干支の大看板を設置しています。安全運転を促す文字付き。426号線を通るドライバーを見守っています。 【20  続きを読む…

但東町の郷路岳(ごうろだけ 620m)には東西に縦断する 9,423mもの林道郷路線「子午線クロスライン」が有ります。 とても空に近い!道が続きます。 森林浴&スカイ!ドライブはいかがですか?   毎年11月~  続きを読む…

1 ページを表示中12»